引越し先

ブログを「おちゃのこ」のほうへ引っ越すよと言ってたけど、引越し先がよくわからんと言われたので、

http://miroku.ocnk.net/

こちらにアクセスしてください。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

またまたお引越し

もうひとつ、おちゃのこ通信で「オーガニック広場ひふみ」というサイトを設けていて、そこに店長日記が書けるようになっているので、これからはそこで書いていくようにしよう。

ひとつに絞らないと両方書くのは時間的に無理だということがわかった。

もろに店のHPなので、胡散臭いことは書きにくいけど気にせず書きたいことは書こう。

そんなわけで次回からはそちらにお引越しなのでこちらは今回でとりあえずおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初年金

2月15日に初めての年金をもらった。

税金を引かれて17万3千円(2ヶ月分)そのまま元カミさんにあげた。離婚はしているけど一緒にすんでいる。

初めて年金をもらったからといってなんの感慨もないけど、赤字をだしながら僅かなお金を家に入れていたぶんを少し減らせるかなと思っていた。

ところが、年金分はアンタに貸していたお金の返済分としてもらうので、今まで毎月入れているぶんも引き続き頂戴ねと言われ・・・・しばらくラクにはなれない、ホロ苦の初年金となった。

でも、もらえるだけいいやね。これからの人たちはもらえるかどうか怪しい。年金は実質破綻しているからね。

せいぜい各自が自分年金というやつを考えておかないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手かざし

2、3日前買い物をしてくれたお客さんから「気功とか好きですか?」と尋ねられたので「ハイ好きです」と答えたら、

どこか痛いところないかときた。お腹が痛いといったら、じゃー今からよくしてあげるから、そこに坐れとのことで、いきなり二人の女性から手かざしを受けることになった。

真光の手かざし、斉藤一人の宇宙エネルギー、レイキヒーリングとひととおり経験してはいたが、なぜか今回が一番感じた。

帰り際にチラシを渡され、こんなのやっているので良かったら来てねといわれたのが、アースハートの野中邦子という人のセミナーみたいなものだった。

そこで早速ネットで調べて見たら船井幸雄もおすすめの人なのだが、その能力を身につけるのに70万かかるとのこと。手かざしを受けた感じは良かったけど、70万はないでしょ!

7万だったら、少し考えたかもしれないけど、そもそもこのエネルギーって誰のもの?みんなが共有できるものだよね。お金取るっていう発想がもうダメ。

てことで、ノーサンキュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやつ教室

毎月1回、おやつ教室を開催している。

講師は吉武あさこさんで、おやつと天然酵母パンを作っている人。

卵や乳製品を極力使わずアレルギーのひとでも大丈夫なものをササっとカンタンに作ってしまうというのがこの教室のウリになっている。

今回は、2月17日のpm2:00~場所は当店内で参加費はいつもどおり1200円。

何を作るかといえば春にちなんで「桜餅といちご大福」なのだ。

それと、バレンタイン用のおやつも予約受付中なのだが、シフォンケーキ550円・チョコ入りビスコッティ300円・ハートのチョコクッキー300円・玄米トリュフ450円などがある。

どれも手作り感があり、ありきたりの既製品をもらうよりずっとよろこばれること請け合いなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

千島学説

先だって「ガン呪縛を解く」の著者である稲田芳弘氏の講演会に行って来た。

当店の夜の部の企画である大人の寺子屋の「真実の探求シリーズ」で講師をつとめていただいている高尾先生も千島学説の信奉者だが、稲田氏もご自身がガン宣告されるまえからこの学説を心底から支持しており、

医者からあなたガンですよと言われて「シメタ!これで千島学説の有意性を自らの体験で語れる」と思ったというから凄い。

そのくらい信じきっている千島学説とは、

①赤血球分化説・・・赤血球はすべての細胞の母体である

②血球の可逆的分化説・・・断食他の異常時には細胞から血球に逆戻りする

③バクテリアやウイルスの自然発生説・・・細菌やウイルスは既存の親の分裂がなくても自然に有機物から発生する

④細胞新生説・・・細胞の増殖は分裂によってではなく、AFD現象によって自然に発生する

⑤腸造血説・・・赤血球は骨髄ではなく腸で作られる

⑥遺伝学の変革・・・生殖細胞は血球からできる。だから環境の重視が必要(獲得性遺伝の肯定)

⑦進化論の盲点・・・進化の主要因は共生であり、自然との調和

⑧生命弁証法・・・生命現象は波動と螺旋運動であり、不断に変化してやまない

以上が千島学説の8大原理と言われているもので、我々がずっと信じてきたウイルヒョウの細胞分裂説やダーウインの進化論を真っ向からくつがえしている。

現在の医学は根本からまちがった説に基づいて治療法を築いているのでガンは一向に減らない。

ガン細胞は放っておくと2倍4倍8倍とあっという間に細胞分裂で増殖する・・・だから早く切除ないしは殺さないといけないという考えに呪縛されている。

稲田氏は千島学説的治療法によって末期一歩手前の段階から完治の方向へ持ってきた。

現在ガンに罹患している人、周囲にガンで悩んでいる人がいたらぜひともガンの呪縛から解き放って千島学説に沿ったガン完治の道を歩んでもらいたいと力説していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土を喰らう

ハーブのお店をしている友達から借りて「土を喰らう」という本(マンガ)を読んだ。

著者は向中野義雄(どう読むのか不明)10年前に出された本だ。

マンガなのであっという間に読み終わったけれど、内容は深い。

主に医療の現場と農の現場のことが描かれていて中心テーマは食と生命のこと。

正直ビックリした。石塚左玄のこと、身土不二のこと、マクガバンレポートのこと、ホリスティック医学のこと、医療の世界・農業の世界における旧弊やしがらみなど・・・そこをついて欲しいと思うことを的確に表現してくれており気持ちがいい。

こんないい本があったなんて知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ

インフルエンザが流行っている。

うちの店に関わってくれている、おやつ屋さん、シフォンケーキ屋さん、リフレクソロジーの人、エコナプキンの人それぞれのお子さんが罹ってしまって大変。

鳥インフルじゃなさそうなのでまだましだけど、けっこう高熱がでてさあどう対処するかってことで相棒のミカちゃんが早速岡部先生に相談・・・その答えは、

38度以上なら、豆腐パスタがベスト、熱が下がってきたら青菜(キャベツなど)の湿布に切り返る。

子供や年配のかたには、煎り玄米のスープ(玄心)が良い。腸の炎症がおさまると熱が下がる。もしくは、葛湯や葛梅醤番茶。

甘いものや、卵、乳製品を控える。

甘酒や酵素による断食が一番。

子供で、おなかが固ければ浣腸で便を抜けば熱が下がるのが早い。

咳がでるようであれば、レンコン湯がよい。

梅干の黒焼きもOK。

第一大根湯を飲んで、布団をかぶって寝ていれば発汗して熱が下がる(手当て法参照)

以上。

そういえば、最近梅干の黒焼きがバンバン売れている。

ちなみに自分はまだ罹っていないけど朝から鼻水垂れっぱなし。昨晩かぼちゃコロッケをつくろうとして失敗して捨てるのもったいないしお客さんにもだせないしで、できそこないをすべて食ってしまったのが原因だろう。

そう食べ過ぎが風邪のもとになるし、甘いものの摂り過ぎもダメよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーラ写真

1月23日が我が店のバースデイで、ようやく2年目に入った。

三日間の感謝セールも終わり一息ついたところで、昨日卸し屋さんが開催するイベントに出かけて行った。

その一角でオーラ写真を撮っていたので3000円払って撮ってもらったところ、自分のオーラは全体赤い色をしていて一部オレンジ色だとか黄色があった。

あわせて7つのチャクラも測れるようになっていて、すべてコンピューターがはじきだす仕組みになっている。

出てきた資料を見ながら簡単に解説してもらい帰ってゆっくり眺めて見たらおおいに納得いかないところがあった。

それは、エネルギーが高いとか創造力があるとかオーラの色が赤いのはそういうことなんだと・・・ちょっとこそばゆい点もあるけどまーそんなことかなで片付いたんだが、7つのチャクラの部分で7つのうち5つはけっこうレベル高くて1つは普通、問題なのは残りのひとつでこれがスピリチュアルな面が弱いってことだった。

つまり霊性が低いってことで、レベルが高かったのはいわゆる物質的世界での能力ばかり・・・これって自分が目指しているのとは全く逆であり、けっこう意識面ではイイ線いっているって思っていただけにプチショック。

このデータがインチキであって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット

ダイエットといえば、痩せることとばかりと思っていたらそうではなかった。

最近、マクロビオティック講師の岡部賢二氏が出版した「月のリズムでダイエット」/サンマーク出版によると、

「太りすぎ、痩せすぎを適正なバランス状態にもどすこと」らしい。

つまり痩せすぎている人が適正に太ることもダイエットなのだ。

それでそうするのに一番効果的なのが月の満ち欠けにあわせてやるのがいいと・・・

それもあまりきびしくやりすぎると反動で元の木阿弥以上にもどってしまう。

なので、この本ではだれでもこのくらいだったらできるだろうというやりかたとして、新月と満月の日の夕食だけ抜きましょうというカンタンなものだけど、かなりの効果が期待できるので是非やって見る価値はある。

ちなみに1月の11日が満月なのでこの日から始めると良い。

なぜ新月と満月がいいかといえば月の引力に関係があるとのこと。詳しい理屈を知りたい方は、本を購読してください。ほかにもお役立ち情報満載なので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«光岡八幡