« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

近所のおっちゃん

自分んちのすぐそばに町会議員がすんでいて今朝犬の散歩の時に顔を合わしたのでちょこっと立ち話。

このおっちゃんはいまだに20世紀的な発想の持ち主でやはり経済優先主義の人。

近くに空港建設の話が持ち上がっていて当然のことながら賛成派である。

理由はこれから孫達の生活環境が経済的に豊かになるよう誘致したほうが良いとのこと。

これからの世代の人たちに豊かに過ごせる環境を作っていきたいと思う気持ちは同じなのに答えは空港ウエルカムと反対に別れる。そして対立する。

そんな話の後に、意外だったのは「これから大事なのは農業だ」

このおっちゃんからこんなセリフがとびだすとは思わなかったので正直ビックリした。

そうなんだよね。いまや、20世紀的なひとでもそう思い出している。

どういう方向に持っていったらいいのかということにおいては同じなんだけど手法は真逆ということは先の空港問題でも一緒。

さて農業をどのように強化していきたいと思っているのか?

「今度またゆっくりとね」という言葉をあとに散歩を続けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまにはTVもいいよね。

朝出がけにTVを見ていたら、30人31脚競争というのを放映していた。

全国の小学生が予選を勝ち抜いてきて全国大会に臨んで日本一を決める。準決勝まで見てあとちょっとで決勝というところで出勤の時間となりどこが日本一になったか見届けることはできなかったが、久しぶりに朝から泣いてしまった。

足の病気を乗り越えて参加している子、3年生まで不登校だった子がチームのキャプテンにまでなった子、熱血指導している先生、応援している親、ココロをひとつにして全力疾走子供達、勝って泣き、負けて泣き、それを見ているうちにもらい泣きしてしまった。

目を覆いたくなるような事件が相次ぐなか、本当にさわやかな気分で家をあとにした。

まだまだ捨てたもんじゃない。教師も生徒も日本一目指して過酷な練習を積み上げていくプロセスで一体化していって、深い絆で結ばれていく。日本一になれなくてもなにか得がたいものを掴んでいるように見えた。

だれが考えたか知らないけど、ステキな全国大会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフレクソロジー

バタバタしていてブログを書くのも久しぶり。

先だってリフレクソロジーの体験講座なるものをやって、今日は本番の第1回目。これからも毎週金曜日のpm1:30~4:30限定3名予約制で続けていくことになった。

お店の一角でやるわけで半クローズ状態での施術なので充分にリラックスというわけにはいかないかもしれない。

そこのところを施術しているHanakaさんの優しさあふれる愛のエネルギーがカバーしているように傍目には見えた。

時間的にも設定40分だけど、それ以上オーバーしていたようだ。

しばらくは通常料金3000円のところを、2500円でやっていただけるので古賀市近郊にお住まいの方でこころとカラダのバランス調整が必要かなと思っている方は一度試されてはいかがでしょう。

フットバス(足湯)から始まって足の裏を丹念にマッサージしてくれるので疲れもどこかにとんでいってくれるのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケムトレイル

小松英聖さんのサイトで何年かまえその存在を知ってたものの、最近は意識面から遠のいていた「ケムトレイル」

友人の呼びかけで「ケムトレイルの集い」が、昨晩うちの店で開かれた。

北九州在住の方などが数名集まって撮りためていたケムの映像などを見せてもらった。

素人目にも普通の飛行機雲とはちがう「空のお絵かき」にも似た幾筋もの白い線が北九州の上空に映っている。

これはある支配勢力が人類間引きの為に散布している化学物質である。

なので、これに正面きってつっこみをいれることは危険だ。

だからどうしようとなって、まずは多くの人に知ってもらうことが先決だよねってことで掲示板などで地道に伝えていこう(既にあるそうだが)。

とにかく認識するのが大切なので、気になった人はネットで調べて見てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同時進行

前島秀子さんを敬愛する知り合いの女性と話していて腑に落ちたことがあった。

その人は、前島秀子さんから「急がなくてはいけない、一人でも多くの人に世界平和を祈って欲しい。そして百匹目の猿現象を起こすのだ」と常々言われていて当初は、自分の頭の蝿も追いきらない自分が世界平和など大それたこと言えないと思っていたらしいのだが、

「そんなこと言ってたら一生頭の蝿を追いかけて、それで終わっちゃうよ」

「頭の蝿を追うことと、世界平和を祈ることを同時進行させないとダメ」

と言われ俄然その気になったとのこと。

自分に置き換えてみて、ふと気がついた。

カミさん一人いい関係をつくりきらない自分が、世の中に一石を投じるなんてチャンチャラおかしい。まず自分の足元のことをキチンとやってからほざけとばかりの思いがよぎると前に進もうとする気持ちが萎えてしまっていた。

カミさんとの関係を修復してから世の中のことを考えるというやり方では、先に一巻の終わりがくる。ましてや急がねばならない転換の時代に生きているとなると、

同時進行しかない!

ウジウジしてる場合じゃないよって。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »