« インフルエンザ | トップページ | 千島学説 »

土を喰らう

ハーブのお店をしている友達から借りて「土を喰らう」という本(マンガ)を読んだ。

著者は向中野義雄(どう読むのか不明)10年前に出された本だ。

マンガなのであっという間に読み終わったけれど、内容は深い。

主に医療の現場と農の現場のことが描かれていて中心テーマは食と生命のこと。

正直ビックリした。石塚左玄のこと、身土不二のこと、マクガバンレポートのこと、ホリスティック医学のこと、医療の世界・農業の世界における旧弊やしがらみなど・・・そこをついて欲しいと思うことを的確に表現してくれており気持ちがいい。

こんないい本があったなんて知らなかった。

|

« インフルエンザ | トップページ | 千島学説 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土を喰らう:

« インフルエンザ | トップページ | 千島学説 »